Trip to Belgium. ④ アントワープへ日帰り旅行編

ベルギー旅行中、偶然ロンドンの友達がアントワープを旅行中だったので、ブリュッセルから日帰りでアントワープへ行って来ました!さらにアントワープと言えば、「フランダースの犬」の舞台となった街!昔、私はフランダースの犬を全話見ていたので、アントワープは行っておきたい都市の一つでした!

ブリュッセルから、アントワープまでの行き方

ブリュッセルから、アントワープまでは電車で40分程!

ブリュッセル中央駅で当日切符を購入し、アントワープまで行って来ました!切符は窓口、もしくは、機械で購入できます。料金は、片道7.7ユーロ(2等席)、11.8ユーロ(1等席)。電車は1時間に3、4本程ありました。

行き先の表示が、フランス語なので分かりにくいですが「Anvers-Central」と表記されていれる電車に乗れば、アントワープまで乗り換えなしで到着できます!

あっという間に、アントワープに到着です!アントワープ中央駅は、”世界一美しい駅”と言われているそう。その噂通り、駅中も、外観も綺麗な造りでした。

アントワープ観光情報

アントワープ聖母マリア大聖堂

アントワープに来たら、絶対行って欲しいのが、ここ、アントワープ聖母マリア大聖堂!

街のどこからでも、この大聖堂の姿が見え、鐘の音を聞くことができます。

中に入ると、外とは全く違う雰囲気。あの有名なルーベンスの絵が飾られています。圧巻です。

そして、フランダースの犬の最終回でネロとパトラッシュが最期を迎える場所。

なぜか穏やかな気持ちになり、ずっとこの大聖堂の中にいても飽きずに時間を過ごしました。

ルーベンスの絵以外にも、ステンドグラスや建築、マリア像など、見応えのあるものがたくさん!気づけば1時間以上この大聖堂で時間を過ごしていました。

ルーベンスの家

アントワープの観光名所の一つ、”ルーベンスの家”。ここは、ルーベンス自らが設計し、家族や弟子たちと暮らしながら、創作活動をしていたそう。

今は、美術館として、ルーベンスの作品がたくさん展示されています。

有名な作品も多く、見応え十分!!

ルーベンスの絵の質感が上品で、光のあたり具合によって見え方が変わる気がしました。

アントワープのおすすめグルメ

アントワープ1のパン屋さん ”GOOSSENS”

アントワープの情報を調べていると、有名なパン屋さんがあるとの情報をゲット!

実際に行ってみると、行列が!!

お店の中も、美味しそうなパンがたくさん!

このお店は、右上に見える、レーズンパンが有名だそう。

シンプルな味で毎日食べても飽きないような美味しいパンでした!

アントワープ1のパン屋さん!是非、アントワープに来たら立ち寄ってみてください!

アントワープのおしゃれカフェ “normo coffee”

友達に連れて来てもらった、こちらのカフェ、とにかくコーヒーが美味しい!!

ここのカフェでは、コーヒーをハンドドリップで淹れてくれます。

店員さんもハッピーで、お店もおしゃれで、天気の良い時には外の席でコーヒーを飲みながら過ごせます!

おしゃれな場所で、おしゃれな人達がたくさんいるので、気分も上がります!

観光中の休憩でリラックスしたいときに是非!

ファッション好きなら訪れたい、Dries Van Notten本店

アントワープと言えば、ファッションの街。有名なファッションデザイナーを多く輩出しているアントウェルペン王立芸術学院があり、アントワープ の6人と言われる、超有名ファッションデザイナーたちが生まれ育った街でもあります。そのうちの一人、ドリス・ヴァン・ノッテンの本店がアントワープにあるので、行って来ました!

建物の外観からだけでも存在感があります。何も購入しなくても、この建物を見るだけでも価値あり!!です!ファッション好きな方は是非!

アントワープは、小さい街なので、一日あれば十分楽しめます!

でも、穴場のユーズドショップやカフェがまだまだ見つかりそうな予感が!なのでファッション、カフェ好きな方は、数日いても飽きない街だと思います。私もまたアントワープに行って穴場ショップ巡りをしたいと思っています!

フランダースの犬の舞台で、芸術鑑賞に、ファッション、カフェ巡り、などなど、いろんな事を楽しめる街アントワープ!是非ベルギーを訪れた時には行ってみてください!:)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする