ロンドンでワーホリ生活 ⑦ お部屋の探し方

今回は、ロンドンでのお部屋の探し方や、ロンドンのフラットシェア事情について情報をシェアしていきます!

フラットのタイプ

ロンドンでは、部屋を借りる方法として、スタジオ、フラットシェア、ルームシェアといったチョイスがあります。

スタジオフラット 専用のバスルーム、キッチン、ベッドルーム。家賃は平均的に£1000以上
フラットシェア キッチン、バスルームはシェア。ベッドルームは個別。タイプによって は、専用のバスルームか、キッチンがついている所もあり。家賃£400〜800程。
ホームステイ 語学学校に通っている間、ホームステイで滞在している方が多い。値段は、食事込み or 無し、など、条件によって値段の差が出る。

上の表のように、ワーホリで来ている方の多くは、フラットシェアをしている方が多いと思います。家賃は、ゾーン、部屋の広さ(シングル or ダブル)、などによって差が出ます。全体的に£400-600の間で探して、住んでる方が多い印象です。ロンドンの家賃は正直とても高いです。東京で快適に一人暮らしできる家賃を出しても、ロンドンではシェアが当たり前の現状です。

オススメのサイト

Mixb

仕事探しもこちらのサイトをおすすめしましたが、お部屋もこちらで探せます。

日系不動産が仲介している広告や、オーナーが日本人のフラットが多いので、英語に自信のない方や、まずは日本人とシェアをして環境に慣れたい方は、こちらで探すのがオススメ。

SpareRoom

外国版スーモのようなアプリ。家賃、エリア、フラットのタイプを選んで、気に入ったお部屋を探していきます。仲介業者や、オーナーは外国人なので、英語でやりとりが必須。また、外国人とシェアをしたい方はこちらで探すのがオススメ。

エリアの選び方

オススメのエリア

お部屋を決めるときに、やっぱり気になるのが”治安の良さ”。治安も良く、日本人が多く住む地域を紹介していきます。

・West ロンドン → アクトン、イーリング、ハマースミスなど

・North ロンドン → フィンチリー、ウッドサイドパーク、ゴルダーズグリーンなど

・Central ロンドン → セントジョンズウッド、フィンチリーロード、スイスコテージなど

以上が、日本人も多く治安も良いと言われるエリア。

ゾーン選び

お部屋選びの際に気をつけたいのが、ゾーン選び。ロンドンは、ゾーン1から2、3、4、、と分かれています。ゾーン1から離れるほど、家賃は安くなりがちですが、セントラルにいくまで交通費も時間もかかります。なので、個人的に、ゾーン2、3で選んでいくのがおすすめです。

実際にお部屋探しをしてみると、結構大変なことも多いです。私はSpareroomを使ったのですが、良いお部屋はすぐに決まってしまい、オーナーから返事がこないことも良くありました。そして、7月8月はヨーロッパの学生たちが一斉にロンドンでお部屋探しを始めるらしく、家賃も上がったり、良いお部屋を見つけるのが難しくなると言う話も。

ただ、気に入ったお部屋を見つければ楽しいロンドン生活が本格的にスタートできます!私は今、ドイツ人とイギリス人とシェアをしながら生活しています。共同生活で大変だな〜と感じることも多いですが、必ず誰かが家にいるので安心できたり、キッチンなどで会うと英語で話したり、知らないことも親切に教えてくれたり、料理を教えてもらったり、、、楽しいことも増えて来ます!!

ぜひ、お部屋探しの参考に!:)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする