ロンドンから電車で2時間!イギリスの田舎町”ライ”とは!?

ロンドンから電車で約2時間ほどで行ける、Rye(ライ)へ日帰りで行ってきました!

中世ヨーロッパの雰囲気が残る綺麗な街並みと、アンティークが有名な街、ライ。日帰り旅行で十分楽しめるライについて今日は紹介して行きます!

ライへの行き方

チケットの予約、購入方法

チケットの予約はこちらのトレインラインのサイトから。

https://www.thetrainline.com/

出発駅と、目的地駅、往復の出発時間、などを入力。出発時間をSuper off peakに設定すると、格安でチケットをゲットできます!

セントパンクラス(St.Pancras)駅、チャリングクロス(Charing Cross)駅、ヴィクトリア(Victoria)駅、などからライ行きの電車に乗れます。いずれもアシュフォードインターナショナル(Ashford Int’l)駅で乗り換えが必要。アシュフォードインターナショナル(Ashford Int’l)駅からライ行きの電車は1時間に一本程しかないので、時間に余裕を持って行くと安心です!

今回私は、ロンドンブリッジ駅から出発!

往復で合計£24,5!格安で往復チケットをゲットできました!

ライへ到着!

電車で約2時間、Rye ライに到着!

意外と駅は小さめです。駅を出て、ライの街中の方へ歩いて行くと、、、

レンガ作りの家が立ち並ぶ駅前のストリートに大興奮!早速の可愛い街並みに、期待が高まります!

このお店は、”Rye”(ライ)と”Dry”(ドライ)をかけた名前のクリーニング屋さん!

Rye(ライ)を街歩き

マーメイド・ストリート

ライでも一番有名なスポット、マーメイドストリート!石畳の道が続く、有名な道です。この石畳の石には、小さな丸石が使われていることも特徴的!

雰囲気のある街並みが続きます。

マーメイド・イン

このマーメイド・ストリート沿いにある有名なホテル、マーメイド・イン!1420年に作られたホテルでとっても歴史のあるホテル。

こちらが、レセプション。天井が低めで、赤い絨毯がひかれていて、中世ヨーロッパの雰囲気がたっぷり。

ゲストルームへの廊下も狭く、迷路のようになっています。

ゲストルームのなかは、このような感じ!とっても素敵な雰囲気です!

宿泊しなくても、レストランやパブのみの利用もOK!

ちなみに、このマーメイド・インが有名なのは、歴史の古さや雰囲気の良さだけではなく、別の意味でも有名なんです!昔港町として栄えていたライでは、ホークハーストという密輸団がいて、彼らのたまり場だったのが、このマーメイド・インだったそう。

そんな雰囲気も味わえる、マーメイド・イン。ぜひ立ち寄ってみてください!

聖メアリー教会 (Saint Mary’s Church)

ライの中央にある丘の上に建つ聖メアリー教会。

有名なのが教会の中にある時計で、今動いているものの中で、最も古い時計だとか!

ステンドグラスは900年以上も前(12世紀)に作られたもの!

そして、最もオススメなのが、この教会にある展望台!!ライの街を一望できます!その景色がとっても綺麗!

この日は天気がよく、この展望台からの景色も一段と綺麗でした。

ライに来たら、ここは絶対に行って欲しいスポットです!!(展望台への入場料は£4)

ライの動画はこちらから↓

https://www.instagram.com/uni2222/?hl=en

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする