ロンドン・ヒースロー空港から市内までの移動手段とは?

前回の記事で入国審査の情報をアップ!

今回は、ドキドキの(?)入国審査を抜けて、イギリスへ入国してから、ロンドン中心部までの行き方についてシェアしていきます!

日本からの国際線は、ロンドン・ヒースロー空港に到着することがほとんど。なのでヒースローから、ロンドン中心部へ行く方法を書いていきます!

1. お金を節約派の人は!?

時間はかかってもOK!それよりお金を節約したい派の人はTube(電車)がオススメ!

ヒースローはzone4。ピカデリーラインが通っています。ロンドン中心部(日本でいう渋谷・新宿のような所)Piccadilly circus には乗り換え無しで40分ほど。

ただ、時間帯によっては、スーツケースを持った人で混雑している時も。。。でも平日の昼間とかだと空いています。東京と同じ感じです。

また海外でも現地の空気を感じたい!多少乗り違えたりしても楽しめる!というような人はTubeで移動してみると違う体験ができたりするかも!

そしてここでまた朗報が!2019年秋頃には、Elizabeth Lineという新しい路線が開通予定!これがとても便利!!ヒースロー空港からBond StreetやLiverpool Streetなどの中心部へ行けるようになります!(もうすでに一部開通しています)

さらに、Wi-Fi完備、駅はバリアフリー対応ということで旅行者にもとても親切!

移動にTubeを選ぶ人が増えそうです!

2. 時間節約派の人は!?また宿泊先が、パディントン駅の人は!?

早くロンドン中心部へ行きたい!という人、または宿泊先がパディントン駅の人はヒースローエクスプレス!

ヒースローエクスプレスとは、成田エクスプレスと同じような物で、空港から市内まで早く行ける特別な電車です。

早いですが、料金は高め。

私は一度宿泊先がパディントン駅だったので、これを使って行きました。早くて快適でした!

事前にオンラインでチケットを購入できます。当日でもチケット購入可能!

3. 大人数での移動なら絶対!!

3人以上での移動なら断然Uberがオススメ!
みんなで割り勘すればお得です。

Uberは時間帯によっても値段の変動があるので、利用する人が多い時間を避ければだいたい£40-60ぐらいで行けます。

また、宿泊先がZONE4ならそんなに高くかかりません。

私はリッチモンド(zone4)に住んでいた頃はUberを利用していました!

さらにお得なのが相乗りタイプ。
これは何ヶ所かで別の人たちをピックアップしたり、降ろしたりして移動します。
単独でUberを使うより安く移動できます。

一度早朝にヒースロー空港へ向かう時にこれを使ってみましたが、ラッキーなことに誰も相乗りせずに、でも普通より安い値段で利用できました!

日本からの長距離フライトで疲れた時もUberがオススメです!

4.街並みを見ながら観光気分を味わえる!?

多分観光では訪れないであろう場所や、綺麗な住宅街を見ながら、ロンドン中心部へ移動する方法は、バス

バスの車窓からロンドンの街並みを見ながら移動が可能!またロンドン名物二階建てバスに乗れます!

それにバスは一律£1.5という料金の安さ!!

でもバスの移動の時間がかかる、スーツケースがあると揺れる時などが大変、二階に上がれない。。。という点があります。。。

ロンドン滞在中に絶対オススメなアプリ!

ロンドン旅行に来る前に是非インストールしていてほしいのが

Citymapper

というアプリ。これは乗り換え案内のようなアプリで、行き先と目的地を入力すると、最適な行き方を教えてくれます。便利なのが、Tubeだけでなく、バスやUberで行くとかかるであろう料金や時間までも一括で教えてくれるところ!

それぞれを比較して、ベストな移動方法を選ぶことができます!

さらに歩いて行ける距離なら、ルート案内もしてくれます。

ロンドン滞在中には必須の便利なアプリです!

もう一つが

Uber

これも旅行中には必須です!

旅行中はたくさん歩くので、少しの移動や、帰りの移動などでUberを使う機会が多くなります。

使い方は簡単!目的地を入力して、近くにいるUberを呼ぶだけ!来てほしいところに迎えに来てくれます。
Uberのアプリに迎えに来る車種やドライバーのプロフィール、車のナンバープレート情報が出てきます。私は車のナンバープレートで判断していました。車に乗ると、名前を確認されるので、間違っていなければYes, I am! と答えます。

あとは目的地までドライバーとお話したり、休憩しているだけで到着!本当に便利なサービスです!

今回シェアした情報から、自分の旅行スタイルに合わせて選んで、楽しいロンドン旅行をスタートさせてください!!:)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする